専門用語集

2012.06.20更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。小規模個人再生は、あくまで一定の債権者の同意がなければ認可されません。もちろん、債権者も同意しなければ債務者が自己破産し、まったく返済を受けられない可能性も出てくるので、やむを得ず同意する債権者がほとんどですが、中には個人再生に反対してくる特定業者もいます。そのような債権者を見極めて個人再生を申し立てる必要があります。

投稿者: 土田司法書士事務所

ARTICLE

SEARCH

CATEGORY

事務所概要bn02.pngメール問い合わせ