お役立ちブログ

2018.11.20更新

 SMBCコンシューマーファイナンス㈱の任意整理について説明したいと思います。

 

 同社は、三井住友銀行系の消費者金融で、かつてはプロミスという商号でした。現在でも、プロミスというブランド名で貸金業を展開しているので、ご存知の方も多いと思います。

 

 同社は、大手の貸金業者なので、任意整理による和解交渉は、それほど難航することはありませんが、他の業者と同じく、原則として60回以内での支払を求められますので、それを超える支払回数となる場合は、和解ができないか、できたとしても将来利息を求められることがあるようです。

 

 三井住友銀行から借入をしている方が任意整理をしようとすると、同社が同銀行に代位弁済を行うことが多いので、同社からも借入をしていると、2件分の和解契約をすることになります。

 

 和解内容は、他社と同様、2回分の滞納で過怠約款に該当して和解が無効となり、遅延損害金が発生しますが、他社と違い、コンピュータで自動的に過怠約款に該当したかが判断されるため、交渉しても前の和解の効力を維持してもらえないという特徴があります。

 

 大手の会社なので、対応はおおむね良好ですが、上記のように機械的に判断されることもあるので、注意が必要です。

投稿者: 土田司法書士/行政書士事務所

事務所概要bn02.pngメール問い合わせ