お役立ちブログ

2019.03.20更新

 最近、破産者マップなるものがインターネット上に出現し、過去に自己破産をした方の氏名・住所・申立先裁判所などが地図で閲覧できるようになりました。騒ぎが大きくなって、閉鎖されたようですが、一部では損害賠償請求訴訟をする動きもあるようです。

 

 はじめて破産者マップのことを聞いた時は、単なる嫌がらせにしか思えず、実際、マップを作成した人はどれだけ弁解しても、公益目的を見出すのは難しいので、閉鎖は当然だと思います。

 

 当事務所でも、過去に自己破産のご依頼をされた方から問い合わせがありましたが、すぐに閉鎖されたため、とりあえずは解決したことになりますが、既に知人などに閲覧されて、自己破産をした事実が知られていれば、場合によっては取り返しのつかない損害となります。

 

 自己破産をした人は、官報で氏名と住所が公告されますが、官報はほとんど国民に存在を知られておらず、閲覧する人もあまりいません。他方、簡単に住所地から調べることのできる破産者マップは、興味本位で閲覧する人も多かったため、破産者にとって悪夢でしかありません。

 

 破産者マップにどこまでの破産者が掲載されたのかわかりませんが、今までに自己破産を申し立てた人は、少なくとも知り合いには閲覧されていなかったことを祈るしかないでしょう。

 

投稿者: 土田司法書士/行政書士事務所

事務所概要bn02.pngメール問い合わせ