お役立ちブログ

2019.05.14更新

 個人再生の場合でも、自己破産の場合と同様、個人債権者を含めたすべての債権者を対象とする必要があり、裁判所に報告する義務があります。したがって、家族や知人からの借入も、個人再生の手続きの中で処理されることになります。

 

 個人再生では債務が免除されるわけではありませんが、債務額が減額されるため、個人債権者が感情的にになる可能性はありますが、これについては「自己破産と個人債権者」のページで述べた通りです。

 

 他に個人再生で問題となるのは、一般の貸金業者への返済額を意図的に減らすため、家族や友人に協力してもらい、家族や友人から借入をしているという事実をでっちあげる可能性があるということです。特に、同じ世帯の家族から借入をしている場合、本当に借入をしたかがわかる資料の提出を求められることもあるので、そのような手段を用いることは避けるべきです。

 

 個人再生の場合、債務の大半が家族からの借入であると、裁判所から疑われて、再生の認可が下りないこともあるため、家族からの借金が多ければ、少なくとも個人再生は避けるべきだと思います。

 

 

 

投稿者: 土田司法書士/行政書士事務所

事務所概要bn02.pngメール問い合わせ