専門用語集

2012.11.26更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。取引履歴が届き、引き直し計算の結果、債務が残っている場合は任意整理・自己破産・個人再生のいずれかの手続となり、過払い状態になっている場合は、逆にこちらが債権者となるので、過払い金を請求していくことになります。任意整理・自己破産・個人再生のどの手続を採るかは、債務額の大きさと返済能力との相関関係で決められます。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.25更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。また、通常、過払い金を請求しようとする人は、過払い金の請求方法や利息等について細かい知識を持っていないため、弁護士や司法書士を通さず自分で請求しようとすると、相手の言うままに和解してしまう恐れがあるため、金額が小さい場合はともかく、金額が大きい場合は、司法書士等に依頼して請求した方が戻ってくる金額も多くなります。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.24更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。また、中にはご自分で取引履歴を取り寄せて、その結果過払い状態になっていることを確認してから請求する方もいますが、それだと本来請求できるはずの過払い利息については事実上請求できないことになり不利になるので、過払い利息も考慮した引き直し計算をしてから請求するのがよいでしょう。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.23更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。取引履歴が届くと、次は法定利率に基づいて引き直し計算をします。業者によっては、既に引き直し計算をした履歴を送付してくれるところもありますが、どの業者も過払い利息についてはまったく計算していないため、過払い状態になった日以降の取引については、こちらで計算する必要があります。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.22更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。同じ債権者相手に取引が複数回ある場合、例えば、最初に受け取った取引履歴に基づいて引き直し計算をしたところ、過払い金が発生していたので相手に請求したところ、第二の取引で債務残高が残っていたような場合、再度計算し直さなくてはならなくなり、手続きが複雑になるので、出来れば最初の時点で全取引を把握しておきたいところです。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.21更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。また、取引履歴の送付方法も、郵送で送付する債権者もいれば、ファックスで送信してくる債権者もいます。取引履歴は、過去において複数の取引があるときは、時間差をつけて2回に分けて送ってくることもあります。そのため、ご依頼の時点で、複数回の取引をしたかどうか確認しておく必要がありますが、多くの方は記憶が曖昧なことが多いようです。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.20更新

岐阜の司法書士の土田です。
5の続きです。受任通知を送付してから取引履歴が届くまでの期間は、債権者によってかなり異なります。短いところでは1週間くらいで届くこともありますし、長いと3ヶ月くらいかかるところもあります。また、同じ債権者であっても、その時々によってすぐ送付してくれたり、遅れたりすることもあります。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.05更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。取引履歴は、司法書士から債務整理の受任通知を債権者に送付することによって取得します。以前は、この受任通知の送付によって当然にブラックリストに載ったようですが、近時では引き直し計算の結果債務額がゼロであったり、過払い状態になっている場合は、ブラックリストに載らないようになりました。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.04更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。債務を完済したのではなく、現在も支払を続けている方については、債務整理手続きになります。場合によっては、過払い金が発生していることもあるので、その場合は過払い請求手続きに移りますが、ご依頼の時点ではどちらの手続きになるのか分かりません。あくまで、取引履歴を取り寄せてから判明することです。

投稿者: 土田司法書士事務所

2012.11.03更新

岐阜の司法書士の土田です。
前回の続きです。また、信販会社とサラ金に過払い金を請求する前提として、完済してから10年を経過していないか、10年以内に完済したとしても、途中で裁判上の和解をしていないかを確認します。もし途中で裁判上の和解をしていれば、たとえ計算上は過払い金が発生していても、請求することはできなくなります。

投稿者: 土田司法書士事務所

前へ
事務所概要bn02.pngメール問い合わせ