任意整理

こんなお悩みありませんか?

  • 利息の返済だけで精一杯で、元本が減らない。
  • 自己破産するほどではないが、今の状況を何とかしたい。
  • 裁判所の手続きをせずに、債権者との話し合いで解決したい。
  • 少しでも借金の額を減らしたい。
  • 話し合いや書類手続きは、専門家に任せたい。
  • 所有する不動産や自動車を失わず債務整理がしたい。

任意整理とは

任意整理とは、まだ自己破産をするほどの状況ではないけれど、このままでは返済が困難または不可能になってしまうような場合に、裁判所を介さず、債権者と直接交渉して支払方法を変更する手続です。

この手続きの特徴は、債務者本人の他は認定司法書士や弁護士のみが行うことができる手続であるということです。司法書士等に任意整理を委任する場合、本人がどこかに出向いたり、誰かと交渉したり、書類を用意したりする必要はありません。

本人や親族による直接交渉が出来ないことはないのですが、知識が少ない状態では、各債権者側は取引経過を明らかにせず、取り立ても止まらないことが多く、結果として、サラ金・クレジット業者にとって都合の良い和解がされてしまいます。

その点、認定司法書士などに依頼し、手続きが開始されると、受任通知(債務整理の依頼を受けたという通知)という書類が債権者の下に届いた時点で、法律上、すぐに返済がストップすることができ、取立てもなくなります。

借金を返済中の方でも、相手がサラ金や信販会社で、一定期間支払を続けている場合は、任意整理をすることによって債務額が減ることがあります。

岐阜県岐阜市の当事務所では、責任を持って、秘密厳守にて任意整理の手続を行わせていただきますので、まずはご相談ください。

contact_tel.pngお問い合わせフォーム

任意整理の流れ

お問い合わせ

まずは電話かメールでのお問い合わせをお願いします。

矢印

無料相談

借金の額や返済状況についてお伺いし、本当に任意整理が依頼者様にとって最適な方法なのかをよく見極めます。依頼者様のご意思を尊重させていただきますが、他の解決方法の方が利益になると思われる場合には、その内容をご提案させていただくこともあります。

矢印

ご依頼

任意整理をご希望される場合は、正式にご依頼をいただき、案件に着手します。

矢印

受任通知の送付

債権者に受任通知を送付することで、和解が成立するまでの期間は請求や督促がなくなります。

矢印

和解交渉

債権者と話し合いをして、いつまでにどれくらいの借金を返済するのかを決めます。なお、任意整理の場合、それぞれの債権者に対して個別の対応ができます。

矢印

和解成立

依頼者様(債務者)と債権者の双方の合意に基づいて、和解を成立させます。通常は3〜5年の間に返済する計画を作ります。

矢印

返済開始

和解成立のおよそ1~2ヶ月後から、返済を開始します。

任意整理のメリット・デメリット

メリット

  • 利息制限法で定められた約18%の利率で、取引当初から計算し直すため、債務額が減額される可能性がある。
  • 任意整理を依頼すると、直ちに返済がストップし、和解が成立するまでの数ヶ月間は支払をしなくてもよい。
  • 手続きを全て専門家が行うため、時間的な拘束を受けず、生活に支障が無い。
  • 任意整理をする債権者を選択することができ、任意整理をしたくない債権者はそのまま支払い続けることも可能。

デメリット

  • ブラックリストに載り、5年~7年、借り入れやローンが組みにくくなり、クレジットカードが作れない。
contact_tel.pngお問い合わせフォーム

自己破産と任意整理の違い

任意整理では、債権者ごとに対応を決めることができますので、例えばA社に対してはこれまで通りの返済を続け、B社に対しては任意整理の話し合いをするといったことも可能です。自己破産はそういった個別の対応ができません。

なお、借金の額が1社140万円を超える場合は、司法書士は代理人になれないため、任意整理はできません。ただし、実際はすべての債権者合わせて140万円以上の借金を抱えている場合に任意整理という解決策を選択することはあまりなく、個人再生や自己破産を選択することが多いです。

当事務所にご依頼いただくメリット

実行可能な返済計画をお作りします。

依頼者様の毎月の収入と残っている借金返済額を十分に踏まえた上で、任意整理をすべきかどうか、任意整理をするならどのような返済計画にするかをご提案させていただきます。

任意整理以外の選択肢についても検討します。

借金問題の解決方法としては、任意整理以外にも、再生や破産といった選択肢があります。依頼者様のご希望を叶えるためにはどの方法が最も適しているのかをよく考え、ご説明させていただきながら案件を解決していきます。

司法書士や弁護士の言われるまま任意整理を選んだことによって、毎月の返済は苦しいままで、クレジットカードの契約を打ち切られてしまい、結果的にほとんど利益がなかったという事案もあるので、債務整理方法は十分に検討させていただきます。

contact_tel.pngお問い合わせフォーム

任意整理 Q&A

任意整理のQ&Aは下記ページに記載がありますので、ご覧ください。

任意整理のQ&Aページ

任意整理の費用

 費用備考
相談料 0円 相談料は一切いただいておりません。
着手金 0円 ご依頼の時点でお支払いいただく料金はありません。
報酬(1社につき) 19,800円~ 分割によるお支払にも応じております。
減額報酬 0円 手続の結果債務額が減っても、報酬はかかりません。

※別途、消費税と郵送費等の実費がかかります。

任意整理に関するご相談やご質問は、岐阜県岐阜市の当事務所までお問い合わせください。

Q

任意整理をする際に、債権者にどのような和解案を提示しますか?

A

任意整理の場合、債権者は大体3年前後での完済を希望するので、毎月の支払可能最低額を30~60回で支払うという案を提示します。

Q

任意整理では利息だけでなく、元本もカットしてもらえますか?

A

通常は将来利息のみのカットですが、場合によっては、少額なら元本のカットにも応じてくれる会社もあります。なお、利息であっても、既に発生した利息のカットは応じてもらえないのが原則です。

Q

かつて任意整理をしたことがある業者に対し、後になって過払い金が発生していることが判明しました。それでも過払い請求できますか?

A

任意整理は私的な債務整理なので、任意整理後に過払い金の発生が分かっても、過払い請求に問題はありません。なお、裁判上の和解によって債務整理したときは、実質的な任意整理であっても、裁判所の公的判断が介在している以上、後になってからの過払い請求はできません。

Q

かつて任意整理をして返済を続けていましたが、途中で返済できなくなりました。再度の任意整理はできますか?

A

任意整理をした会社について、完済する前に再度任意整理することは、貸金業者によっては応じてくれます。再度の任意整理に応じてくれない場合は、自己破産か個人再生の方法に切り替えることになります。

Q

任意整理をした後、毎月の支払額や支払時期を変更することはできますか?

A

上記のとおり、毎月の支払額を減額することは、再度の任意整理となるので、困難です。ただ、若干の金額の減額や支払時期を少し遅らせることは、交渉次第です。

Q

任意整理でもブラックリストに載りますか?

A

任意整理も債務整理の一環なので、ブラックリストに載ります。ただし、任意整理をするつもりで引き直し計算をした結果、過払い状態になっていれば、リストには載りません。

Q

任意整理は司法書士や弁護士を通さずすることが可能ですか?

A

任意整理は専門家を通さずすることも可能です。ただし、専門家を通さず任意整理しようとすると、支払を数か月間ストップすることができず、任意整理の交渉中も従来通りの支払を強制されたり、また、債権者との交渉で足元を見られて有利な条件で和解することができなくなるため、多少費用がかかっても、任意整理は専門家に依頼することをお勧めします。

事務所概要bn02.pngメール問い合わせ